一度にきびが出来てしまうと、何度も繰り返して出来てしまい治りにくくなってしまいます。

その為、にきびは治すより出来る前に予防を行うという考え方にシフトした方が確かです。まず、予防の為には、にきびが出来る原因を知る必要があります。

iemoの情報を手に入れてみませんか?

思春期の場合には成長ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になる事が原因ですが、大人になって出来る場合には、ストレスや睡眠不足、不規則な生活など多くの原因があります。


特にストレスによってホルモンのバランスが崩れてしまう事で男性ホルモンの分泌が高まり、皮脂の分泌が盛んになってしまう事が大きな原因になります。


にきびが出来ないように予防する為には、まずは原因となる生活習慣の改善が必要になります。


ストレスは、ホルモンのバランスの崩れに繋がってしまいますから、溜めこまないようにする為に上手に発散する事が大切です。

にきびならこちらのサイトがオススメです。

運動してみたり、何か自分が打ち込める趣味でもいいですからストレスの発散は大切です。

また、睡眠不足にならないように規則正しい生活をし充分睡眠を取る事です。
皮脂で毛穴が詰まってしまうのを防ぐための、スキンケアは欠かせません。



しかし、1日何度も洗顔したり汚れを落とそうと強い洗浄力の洗顔料を使うのは逆に肌に必要な、潤い成分を亡くしてしまい余計毛穴が詰まってしまいます。

洗顔は、朝晩2度で洗顔料をしっかりと泡立て指が肌に触れないように行いその後、しっかりと保湿を行う事が大切です。
毎日続ける事で、にきびの出来にくい肌へと変わって行きます。